スポーツジムの使用におすすめな安いイヤホンを紹介

スポーツジムのランニングマシン等で走っている時には、イヤホンで音楽を聴きながら走るのがおすすめです。気持ちの盛り上がる音楽を聞けば、いい気分で走ることができます。しかし、最近はとても多くの種類のイヤホンがあります。

そこで、スポーツジムでの使用におすすめなイヤホンをこれから紹介して行きます。ここでは、なるべく安価なイヤホンを紹介します。

パナソニックのカナル型イヤホン「RP-HJE150」はとても安くておすすめ

スポーツジムで使うイヤホンを、とにかく安く抑えたいのであれば、パナソニックのカナル型イヤホン「RP-HJE150」が1番の候補になります。安くて性能が良いと言われているイヤホンの中では、このイヤホンが一番評価が高いですし、実際にかなり売れています。

ネット通販では主に、800円前後で売られているようです。しかし、セールの時期などを狙えば、それよりも安い価格で手に入ります。今は100円ショップでもイヤホンは売られていますが、100円のイヤホンとの音質の差は歴然としています。

特徴としては低音が強い音になっていますから、迫力のある音で運動中の気分が盛り上がります。また、初めてカナル型イヤホンを使うという人でも、このイヤホンはおすすめです。入門機には最適な安さになっています。それから、運動中にイヤホンを使うと壊れやすいのが心配ですが、800円前後であればまだ買い直せばいいと、安心して音楽を聴きながら運動ができます。

iPhone付属のイヤホンは性能が良いのでおすすめ

最近はスマートホンで音楽を聴く人がかなりいます。そしてスマートホンと言えば、iPhoneを使用している人が多いでしょう。iPhoneは購入すると、付属品でイヤホンがついて来ます。スマホ付属のイヤホンと聞くと、性能が悪い気がする人が多いかもしれません。

しかし、iPhoneを作って販売しているアップルは、オーディオ関係でも優秀です。そのため、iPhone付属のイヤホンも世間では性能がいいと評判になっています。もし、iPhone付属のイヤホンを使わないでしまっている人は、スポーツジムに行く時に、試しに使ってみるといいでしょう。

その辺の安いイヤホンよりも、かなりいい音が鳴っているはずです。また、このiPhone付属のイヤホンは、カナル型ではなくインナーイヤータイプのイヤホンになっています。耳栓のようなカナル型のイヤホンが嫌いな人にも、インナーイヤータイプであるiPhone付属のイヤホンはおすすめです。

音質としては、高音から低音までバランスよく音が鳴ってくれるイヤホンです。最近のiPhoneには、無線タイプのイヤホンが付属して来ます。

テレビで紹介されて大人気になったフィリップスのイヤホン「SHE3900」

ある人気テレビ番組で紹介されて、大人気になったイヤホンがあります。それは、フィリップスのイヤホンです。製品の特徴としては、黄金の耳を持つとされる専門家(ゴールデンイヤー)が、イヤホンの音を厳しく審査しているので、とても音質が良いと言われています。

ですが、テレビ番組で紹介されだけで、実際は大したことがないイヤホンじゃないの?と言う人がいるかもしれませんが、フィリップスのイヤホンは利用者の評価も高いです。ただし、当時テレビ番組で紹介された製品は現在は製造されておらず、「SHE3900」と言う新製品に変わっていることに注意しましょう。

音の傾向としては、ドンシャリと呼ばれています。ドンシャリというのは、高音と低音が強調されている音です。基本的にドンシャリだと、音に迫力が出ますから、スポーツジムで使用するイヤホンとしては、気分が盛り上がる最適な音となるでしょう。

注意点としては、フィリップスは海外のメーカーですから、イヤホンは海外の人の耳の大きさに合わせて作られています。そのため、耳にフィットしない危険性がありますから、できれば、電気店で試聴してから購入したいところです。

価格は2000円代という手頃な値段になっています。

ソニーのカナル型イヤホン「XBA-100」はバランスド・アーマチュア型でバランスが良い

オーディオ機器というと、ソニー製品が好きな人が多いのではないでしょうか。実際、オーディオ機器の世界では、ソニーはトップブランドです。そして、ソニーは多くのイヤホン製品を製作して販売しています。そのため、ソニーのイヤホンを買おうと思っても種類が多いため、どれを選べばいいのか迷います。

そんな時には、「XBA-100」というカナル型イヤホンをおすすめします。カナル型イヤホンには、ダイナミック型とバランスド・アーマチュア型の2種類があります。「XBA-100」はバランスド・アーマチュア型となります。

そして、バランスド・アーマチュア型のこのイヤホンは、高音から低音までがバランスよく鳴ります。ソニーのオーディオ機器というと、重低音のイメージがあるかもしれませんが、音質のバランスを重視している製品も多いです。

最近多い、低音を強調しているイヤホンに飽きているような人には、このイヤホンをおすすめしたいです。バランスの良い音質に気分が良くなり、スポーツジム でも気分良く運動ができるでしょう。価格は5000円前後です。

根強い人気のあるZERO AUDIOのカナル型イヤホン「ZH-DX200-CT」

最近のイヤホンはとても種類が多く、新製品も次々に発売されています。そして、発売された新製品の多くは無名のまま製造終了になるのですが、中には根強い人気があるものもあります。その中の一つが、ZERO AUDIOのカナル型イヤホン「ZH-DX200-CT」となります。

ZERO AUDIOのイヤホンは、音に何か大きな魅力があるようです。そしてその魅力が長く続く人気になっているのでしょう。音質を簡単に説明すると低音が強めです。ロックや最近のEDMなどを迫力の音で鳴らしてくれます。

スポーツジムの運動に合っているイヤホンとなります。しかし、このイヤホンはただ低音が強いだけではありません。高音と中音にも大きな魅力があります。臨場感のある音と言えるでしょうか。またはクリアーな音になるかもしれません。

ZERO AUDIOはあまり知られている会社ではありませんが、ここのイヤホンには注目しておきましょう。「ZH-DX200-CT」の価格は3000円代が中心です。お得な値段です。

『スポーツジムのインストラクターの仕事を大解剖!』

完全防水で無線のiHarbort Bluetoothイヤホン

ここ何年かの話ですが、イヤホンの世界では、防水で無線のものに大きな注目が集まっています。そして実際に、防水で無線のイヤホンがかなり売れています。スポーツジムで激しい運動をして、汗をかきながら使う人が多いのでしょう。

無線はBluetoothという規格のものが多いですが、防水でBluetoothのイヤホンでおすすめなのは、iHarbortのBluetoothイヤホンとなります。無線で防水のイヤホンが最近とても多く出ている中で、なぜこの製品がおすすめなのかというと、安くてコスパがいいからです。

防水でBluetoothのイヤホンは最近出て来たものですから、やはり最初は安い製品を試しに使用してみるのがいいです。音質に関しては、無線のBluetoothだと音が悪いという評価が前からありましたが、iHarbortのBluetoothイヤホンに関しては、音質もなかなか評判がいいです。

価格は3000円以下が中心になっています。防水で無線であることを考えると、かなり安い値段です。